体外受精

体外受精

第3弾体外受精!グレードの良い胚盤胞が出来るまで!

第2弾の体外受精が採卵までで終了してしまったので、第3弾の体外受精開始が早い気がしました。 今回の採卵は過去最多の採卵数を叩き出し、グレードの良い胚が多数で出来ました。 今までは医師の言うままサプリを飲むだけ、注射をしてもらうだけ、でしたが、今回は自分でも色々調べて良いと言われる事を自分を実験台にして試してみました。 下肢筋力を向上させると採卵数が増え、グレードの良い胚も増え、胚盤胞到達率も上がると言うのは以前の記事でもご紹介しました。これを実践しました。 結果からお伝えします。採卵数11個全て成熟卵、当日11個顕微にて全て受精したのを確認、3日目初期胚グレード8G1を2個凍結、胚盤胞グレード5AAを1個3AAを2個4BBを1個を凍結しました。初期胚と胚盤胞合わせ計6個の受精卵の凍結ができました。 それでは詳しくご紹介していきますので、どうぞ最後までお付き合い下さい。
体外受精

第2弾体外受精!採卵の痛みは?生理はいつ来る?

体外受精、第2弾は採卵で6個取れ、顕微授精で全部授精したにも関わらず、3日目以降の成長がいまいちで、胚盤胞まで到達した受精卵は2個でした。 そして、受精卵の質が悪く「4cc」で、「b」以上ではないと移植の基準に到達していないと判断され凍結できず、結局採卵までで終わってしまいました。 採卵後の生理は結構重かったですし、出血量も多かったです。 今回はその採卵頃の様子を思い出しながら忘れないうちに、痛みや生理についてご紹介して行きます。 今回も静脈麻酔を使用して採卵しましたが、初回と全然違い痛みがあったので詳しくご紹介します。 どうぞ最後までお付き合い下さい。
体外受精

第2弾体外受精!採卵で終了!原因は?費用はいくら!?

体外受精に向けての注射や採卵で体調が悪く、なかなかやる気が出なくてブログもサボっていました。 ショック療法?でブログを書く気になりました。 第2弾の体外受精は、採卵で6個の卵子が取れましたが、胚盤胞まで到達した胚は2個でした。しかし、移植できるレベルの胚盤胞ではない為、凍結出来ず、今回はこれにて終了となりました。 クリニックからの帰り道は腐りきっていましたが、今後の予定を立て直していたら少し回復してきました。 今回も顕微授精で、採卵までにかかった費用、合計481,890円です! 本来なら、ここから培養料や凍結料、移植料とまた費用は20万円以上かかります。 ニュースなどで、体外受精の費用は30万円~40万円と紹介されている事が多いですが、現実は倍以上です。 今回は費用と採卵で終わった経緯をご紹介します。 どうぞ最後までお付き合い下さい。
体外受精

第2弾体外受精!筋肉注射始まる!

体外受精、3回目と4回目の受診の詳細をご紹介したいと思います。 3回目も4回目も院長先生に診て頂けて、もうこれは妊娠したなと。 去年、採卵から移植まで体外受精を一通り経験していますので、前回のデータとの比較ができるようで、先生方もやりやすいのかな?と思いました。 卵を育てる為、今回の受診から痛い痛い筋肉注射が始まりました。 今回は痛みカテゴリーのお話。 院長先生曰く、卵を沢山育てたいとの事でした。 痛いけど筋肉注射をしなければ何も始まらない! 去年は4個採卵できました。今年は果たして何個育つのか。しっかり移植まで詳細を報告して行きますので、今回もこれからも、どうぞ最後までお付き合い下さい。
体外受精

第2弾体外受精!受診費用公開!ERA検査すすめられる!

今回は体外受精の受診2回目の詳細となります。 生理3日目よりプラノバール内服開始し、サプリメントも始まりました。 今回は卵巣の状態を診る為内診がありまして、久々の感覚に少し体が固まりました。 ERA検査(着床の窓を特定する検査)を院長先生にすすめられました。 前回の体外受精の際は避けて通ったERA検査ですが、今回は「やらないとダメかなぁ~」と思っている所です。 そのERA検査の詳細もご紹介していきたいと思います。 どうぞ最後までお付き合い下さい。
体外受精

第2弾体外受精、初回受診の詳細!DHEAサプリ追加!

ようやく始まりました。第2弾の体外受精です。 1月から8月までに貯めた約80万円で採卵と1回の移植を行う予定です。 今日(2020年8月28日)、初回の受診をしてきましたので、内容をご紹介します。 前回の体外受精の時とサプリメントが変わっていたり、コロナの影響で麻酔の時に使用する医療器材費が取られるようになるそうです。 ご紹介するサプリメントは「DHEA」。先生の話を聞くとなんだか良さそうな「DHEA」。 それと、初回だから緊張していたのか、頻脈で看護師さんに心配されてしまいました。 それでは、最後までお付き合い下さい。
体外受精

体外受精!実体験の静脈麻酔での採卵!

不妊治療と言うとまず、「痛い事が多いのではないか」と気になりますよね? 今回のテーマはその痛みカテゴリーの体外受精の採卵の詳細を公開します。 実際に体験してみて、私は痛くなかったです。(痛みは人それぞれ感じ方が違います。) もちろん静脈麻酔でしたので、痛くなかったわけですが、無麻酔で採卵を行っている病院もあります。 パニック障害の既往歴がありますので、初めての静脈麻酔がとにかく怖いんです。パニック障害の発作が出てしまうのではないかと不安もありましたので、その辺も詳しくお話します。 2019年2月に行った体外受精の採卵手術の体験詳細です。どうぞ最後までお付き合い下さい。
タイトルとURLをコピーしました