TRIO検査の痛みと費用!

体外受精

2020年12月に採卵が終わり、着床の窓のERA検査だけしようかなと医師に相談した所、ERA、EMMA、ALICEのTRIO検査をした方が良いと言われました。費用もERA検査単体にプラス数万程度でしたので、やる事にしました。
検査方法はホルモン補充で内膜を作り、本来なら胚移植を行う日程で内膜組織を採取します。痛みには個人差がありますが、私の感じた痛みは人工受精か胚移植程度の痛みでした。TRIO検査の費用は税込み176、000円でした。
それでは、どうぞ最後までお付き合い下さい。
ツイッターフォローお願いします。@SNOW16171896
インスタフォローはこちらから。

TRIO検査の内膜採取時の痛み!

TRIO検査では内膜を採取する検査ですので、相当痛いのではないかと怯えていました。
結果から言いますと、

痛いけど、我慢できる痛み!

でした。
直近では静脈麻酔での採卵をしていますが、卵巣の位置の関係で麻酔が効いていないのではないかと思うくらい激痛で、痛みによる号泣と体の震えを体験しています。
また、痛いと有名な卵管造影検査も私はもれなく激痛でしたので、それらに比べると半分以下の痛みと言った所でしょう。
激痛採卵も卵管造影も痛みで息が止まりましたが、TRIO検査の内膜採取は終始深呼吸が出来ていました。

検査が始まる前に看護師さんに

移植みたいな感じだよ!

 

と言われていました。まさにその通りだなという感じです。

まず、子宮を器具で開きます。そしてカテーテルを子宮に入れて内膜を削り取ります。
私は、器具の装着とカテーテルが入って行く時の「つーん」とした痛みが一番痛かったです。
その後、医師が

 

それでは内膜採取しますねー!

って言って教えてくれたのですが、言わないで欲しかったです。怯えました。
まぁでも痛み的には器具の装着などの方が痛いくらいでしたので採取自体はそこまで痛くはなかったです。生理痛みたいな痛さも感じませんでした。

検査に充分な検体が採取出来ました!

と、検査自体は5~10分程度で終わりました。

痛みに関しては個人差があります。あくまでも私個人の感想です。
ご注意下さい。

次は費用についてご紹介します。

TRIO検査の費用!

TRIO検査では、ERA、EMMA、ALICE検査が同時に出来ます。
合計の費用は、税込み176,000円でした。

内訳は忘れてしまいましたが、ERA検査の費用が13~14万ほどでした。
費用もクリニックによって違いますので、必ずしもこの費用ではありません。

次ではTRIO検査について詳しくご紹介します。

TRIO検査でわかる事と治療!

TRIO検査では、採った内膜組織でERA、EMMA、ALICE検査が出来ます。

ERA 子宮内膜着床能検査

子宮内膜が胚の着床に適した状態となる一般的な時期、黄体ホルモンのプロゲステロン投与開始から約5日後の時点で子宮内膜に着床能が認められるかどうかを判定する検査です。
結果、着床時期に「ずれ」が判明した場合はプロゲステロンの開始時期をずらして胚移植に臨めば良いと言う事です。

EMMA 子宮内膜マイクロバイオーム検査

子宮内膜に存在する細菌を分析する検査です。
妊娠成功をの関連が認められている様々な子宮内膜の細菌を検出します。
結果、乳酸菌が90%以下の場合、膣座薬などで子宮内の乳酸菌を増やします。
子宮内の乳酸菌は着床率、妊娠率、妊娠継続率、生児獲得率に影響しています。

ALICE 感染性慢性子宮内膜炎検査

子宮内膜の慢性的な炎症の原因に特に関りが深い細菌性病原体の有無を検出するものです。子宮内膜におけるこれら細菌性病原体は不妊および妊娠合併症に関係する事がわかっています。
結果、病原体が検出されたら、病原体に対する治療に必要な抗生物質を内服します。

次は、検査後のスケジュールについてご紹介します。

TRIO検査後のスケジュール!

TRIO検査では、内膜組織を採取してから、約2週間~3週間ほどで結果がでます。
私の通うクリニックでは、検査日の夜から「マーベロン」と言うピルが21日分と「オーグメンチン」と言う抗生物質が7日分処方されました。

「オーグメンチン」は検査後の感染症対策と慢性子宮内膜炎の治療を兼ねた抗生物質となっています。

ピル内服後の生理3日目に受診をして結果を聞きます。
この日から胚移植に向けてのホルモン補充も開始されます。

乳酸菌が少なかった場合、移植の1週間前から膣座薬にて子宮内の乳酸菌を増やして行きます。

そして胚移植となります。

あくまでも、私の通うクリニックのスケジュールになります。

EMMA、ALICE検査は移植でダメだった時、再検査をしてもいい検査かもと思っています。

TRIO検査の痛みと費用!まとめ

今回はTRIO検査の翌日にこのブログを書いています。痛みを忘れない内にと思いました。
私的にはさんざん痛い事をやって来ているので、終わってしまえば「大丈夫だったな」と思いますが、痛い事は痛い検査ですのでご注意下さい。
費用もクリニックによって違いはありますが、大体胚移植1回分ほどですので結構かかりました。
本当に最近は痛い治療が続いていて、もう今後こんな痛い事がなければ良いなと心底思います。
Twitterでは毎回励まして頂いて、本当に感謝しています。
ありがとうございます。
それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

妊活ランキング

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ
にほんブログ村


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました