はじめましてのご挨拶

ご挨拶

 

ご訪問ありがとうございます。
こちらのブログは2020年1月22日に開設致しました。
管理人はSNOWと申します。 どうぞ宜しくお願い致します。

SNOWプロフィール
生年月日  1978年3月(2020年1月現在41歳)
職業    介護福祉士(2020年1月現在派遣社員で勤務中)
居住地域  関東
趣味    ドラクエ、スノーボード、スピリチュアル、都市伝説
既往歴   パニック障害

まずは自己紹介です。
私が介護のお仕事を始めたのは26歳の時です。
当時のヘルパー2級資格を取得し特別養護老人ホームに就職しました。

ジャニヲタになったり、他の地域に住んでみたくて引越したりと自由気ままな人生を送っていました。
そして気がつけば35歳になっていました。
私の周りの友達は結婚している子ももちろんいましたが、仲良い子は独身だったりと、「いつかは結婚できるでしょう」なんて焦る事もありませんでした。

そして、実家に舞い戻り就職した訪問介護事業所がブラック企業でした。 ブラック企業で、さらに人手不足。流されるまま責任者になった私は、そのストレスでパニック障害を発症し、退職しました。
パニック障害については、また違う機会にお話させて下さい。

そのくらいの時期に元々知り合いだった今の旦那ちゃんと仲良くなりまして、結構すぐにお付き合いをして同棲を始めました。
その頃から正社員で働くのではなく派遣社員に変更しました。初めは慣れなくて文句ばかり言っていましたが、今は派遣でちょうど良いと思っています。夜勤もなくなり体は楽になりました。
結婚はしていませんでしたが、2人とも結婚するつもりでいましたので、ちゃんとした知識もないのにタイミング療法的な事をしていました。子供だけは早めになんて。
そして38歳の時だったと思いますが、仕事中に酷いめまいと吐き気に襲われ、仕事を早退して病院に行きました。
ちなみに生理中でしたので妊娠ではなかったのですが、なんとなく婦人科系の何かではないかと思い、病院は予約なしで診て頂ける近所の婦人科に行きました。
結果は子宮筋腫でした。小さいのが3つほど。漢方薬(当帰芍薬散と五苓散)を処方されました。
しばらく様子を見ると言う事で2週間に1回は受診していました。
男性の医師でしたが、毎回冷たい感じで「妊娠希望であれば早く妊娠したらどうですか?」と言われた時には実家に帰って泣き喚きました。家族全員ドン引きしていました。
子宮筋腫は妊娠には差し支えない場所にあると言われていましたが、この医師で大丈夫なんだろうか?と不安がありました。
でも何故か転院しなかったのです。

しばらくすると、医師のほうから「基礎体温測ってますか?タイミング療法やってみますか?」との提案がありました。
結婚してないのに出来るの?と思いましたが、やってくれると言うならお願いしますと。
hcg注射(排卵を促す注射)も打ってくれました。
何回目かは忘れてしまいましたが、一度妊娠検査薬で薄く反応がありましたが、翌日生理になりました。 超初期の流産にはカウントされない科学的流産というやつです。
初めてでしたので、凄く怖かったです。
そして、その後体調も良くなり、病院受診が必要なくなった頃に結婚しました。 私が39歳で旦那ちゃんが36歳でした。
タイミング療法を始めてから医師との関係は良くなっていきましたので、不妊治療専門の病院を紹介してくれました。 私自身で調べていた不妊治療専門の病院もあったのですが、そこはやはり医師ですから実績のある不妊治療専門の病院を紹介して下さいました。
そして39歳の8月に初めて不妊治療専門の病院にかかりました。

ここからは時系列順にとはいきませんが、ブログにて色々書いていきたいと思います。
私自身かなり色々ネットで調べていましたが、実際体験してみると「そうだったのー?知らなかったー!」という事が結構ありましたのでご紹介していきます。
妊活中の方にお役に立てればと思います。

しかし、人の体は本当に千差万別ですので、全員に同じことは言えませんので悪しからずでございます。
またSNOW自身ストレスに弱いので、誹謗中傷コメントなどされませんようお願い申し上げます。 それでは、これから宜しくお願い致します。 ご訪問ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました